徒然日記

徒然なるままに書いていきます 固めのものからゆるい日常まで書きたいものを

フィンランドバックパック旅行 まとめ

2/25~3/2にフィンランド(とエストニア)に旅行してきました。

バックパック一つ背負って。

そのまとめ。

 

目次

 

 

それぞれの日でのアクティビティ

1日目 フィンランドバックパック旅 Day1 - 徒然日記

成田→フィンランドヘルシンキ)→イヴァロ空港→サーリセルカ→オーロラ観測

 

2日目 フィンランドバックパック旅 Day2 - 徒然日記

スノボ&ソリ→オーロラハントツアー

 

3日目 フィンランドバックパック旅 Day3 - 徒然日記

サーリセルカ→ロヴァニエミ→オーロラハントツアー

 

4日目 フィンランドバックパック旅 Day4 - 徒然日記

サンタクロース村→サンタクロースエクスプレス(寝台列車

 

5日目 フィンランドバックパック旅 Day5 - 徒然日記

サンタクロースエクスプレス(寝台列車)→ヘルシンキ市内観光→タリン観光

 

6日目 フィンランドバックパック旅行 Day6 - 徒然日記

ヘルシンキ市内観光→成田

 

持ち物

ちゃんと記録が残ってたんで全部まとめのっけます。

 

着替え類
肌着(パンツ、靴下、エアリズム) 3日分
替スノボ靴下
ヒートテックタイツ
水着
速乾スイムタオル
使い捨てコンタクト10日分
眼鏡ケース
メガネ


機内快適グッズ
折り畳みスリッパ
耳栓
アイマス
ネックピロー
イヤホン
マスク×2


電化製品
GoProセット(本体、バッテリー×2、バッテリー充電器、三脚、ハンディ)
PISEN(20000mAモバイルバッテリー)
Cheero6700mAモバイルバッテリー
simカードケース
変換器
マルチタップ


衛生用品
歯ブラシ
洗濯セット(洗濯袋、洗剤)
折り畳みハンガー×3
洗濯紐
洗濯バサミ×6

髭剃り


その他
薬類
ジップロック
圧縮袋
日記
下敷き
かもめ食堂
折り畳み傘
ビニール袋
ポケットティッシュ
筆記用具
折り畳みバッグ
トートバック
ショルダーバッグ

 

これら全てを詰め込むために使ったバックパックはこちら!

 

 荷物を展開したらこんな感じ。

f:id:cobaltic:20200328230034j:image
f:id:cobaltic:20200328230026j:image

 大体7,8kgぐらいだった気がします。

 

今回の旅の費用

ツアー代金 223720円

ちなみにツアー代金に含まれているものは

往復航空券・ホテル代・オーロラハントツアー×2・諸々交通費(寝台列車サンタクロースエクスプレスや空港からのバス等)

 タリン⇔ヘルシンキフェリー 8802円

保険料 9660円

 

現地での費用

交通費 36€

飲食費 119.14€

アクティビティ代 111€

土産等 192.1€

 

1€=120円として

 

合計 297293円

 

他にも忘れてる気がするけど大体30万円で行けたということです。

35万ぐらいは覚悟してたので、思ったよりも安く済んだという印象。

 

オーロラ観測について

 一番よく撮れた写真がこちら!

f:id:cobaltic:20200227074141j:plain

 撮影に利用した機材はGoPro Hero7です。

設定は以下の通り。

f:id:cobaltic:20200227074234p:plain

 

ちなみにオーロラ観測行くなら留意していたほうがいいのがカメラの露光時間を増やせば写っても肉眼だと全然オーロラっぽくみえないということです。

体験談として、オーロラ観測初日に全然見えなくて宿に帰るかーって思ったら近くにいた日本人観光客がオーロラだ!って叫んだからどこですか?って聞いてみてみたらなんか白いもやもや程度。でも撮った写真を見せてもらうとちゃんと緑がかってるみたいな感じでした。

そもそもオーロラが見えるかは太陽と雲のご機嫌次第なので、今回見れたのはラッキーでした。

オーロラハントツアーは後悔したくないのなら申し込んだほうがいいと思います。やはり個人じゃ限界があるので。

 

オーロラ観測の装備品 

ノーマル靴下
スノボ靴下
ヒートテックタイツ超極暖
裏起毛ズボン


エアリズム

ヒートテック
ヒートテック超極暖
長袖
裏起毛パーカー
スキーウェア


薄手手袋
スキー用手袋
ニット帽
ネックウォーマー

 

結論から言うとこれでも死ぬほど寒いです。全く太刀打ちできなかった。

特にサーリセルカでは特に寒い日だったらしく、5分も外にいたら震えるぐらい。 

さっき登場した日本人観光客のかたにも「薄着だね」って言われてしまいました。

バックパックという性質上荷物をかさばらせたく無くて、ぎりぎりを攻めましたがお金にモノを言わせて現地で防寒着をレンタルすればよかったと後悔しています。

 

でもそのせいか体温感覚がぶっ壊れて、ヘルシンキは氷点下一桁台だったのですが暑いってなってました。素晴らしき順応性。 

 

旅の所感

まとめるととにかく最高な旅でした!!

純粋に一番楽しかったのは2日目にやったソリ。一生分ソリをエンジョイした。

費用も思ったより安く済みましたが、食事に関する物価は日本の体感二倍ですね。味に関してはまずいって聞いてたけど普通においしいです。ただソースだったり付け合わせだったりが微妙にハマりきらない感じですね。松屋フィンランド支店を待ち望みます。

 

心残りとしてはサウナを体験できてないことですね。なんでってサウナが開いてるのは大体夜だけど、夜はやれオーロラ観測だ寝台列車で移動だで結構忙しくて

ヘルシンキもじっくり見て回りたかったですね。美術館とか図書館とか。

 

細かい注意点としては3人部屋がなかなかないです。あとホテルのアメニティに歯ブラシがない。なんならシャンプーが備え付けられてないところもあったのでご注意を。

 

でも一番デカい感想としてはフィンランド人顔面のクオリティが高すぎるってことです。特にキッズたちが。

街中うろうろしてるだけで、なんだこの俳優軍団は…みたいな気分を味わえる。

 

将来は北欧に移住したいという思いを更に強めた旅でした。

フィンランドバックパック旅行 Day6

悲しいことに最終日。

ホテルを出るとマーケットがあったので行ってみました。

f:id:cobaltic:20200304192059j:image

完全に地元民向けのもので何も買うものはありませんでしたが。

 

今日も今日とて電動スクーターをレンタルして街へ繰り出す。
f:id:cobaltic:20200304192012j:image

天文台公園という場所に行ってみましたが、施設は開いておらずただ見晴らしの良い高台の講演といった感じでした。

 

そして個人的に楽しみにしていた場所へ。
f:id:cobaltic:20200304192001j:image

少し距離がある場所なので行けないかと思っていたけれど電動スクーターのお陰で来れました。

 

そう、かもめ食堂の聖地です。

かもめ食堂 (幻冬舎文庫)


f:id:cobaltic:20200304192105j:image

日本からわざわざ本を持ってきました。

ちなみに元から読んで行きたかったわけではなくて、フィンランド行きが決まってからフィンランドを舞台としている小説を探して読み始めました。

読書も旅行も好きなのでこういう両方掛け合わせるのがすごく楽しいです。

読書も旅行にも厚みが増します。

 

ちなみにかもめ食堂は映画もありますが、映画を見たなら小説も読んだほうがいいと思います。映画だけだと尺の関係上色々フワフワしたまま進んでしまっているので。

 

ただ残念ながら店自体はやってませんでした。
f:id:cobaltic:20200304192243j:image

飛行機に乗り遅れるのが怖くて早めに空港へ。

 

空港内のムーミンショップでお土産購入。
f:id:cobaltic:20200304192028j:image

 

Moi Moi Finland

f:id:cobaltic:20200304192044j:image

Moi Moiはさようなら的な意味らしいです。サンタクロース村で教えてもらいました。

 

そしてまた10時間のフライト

 

機内食

f:id:cobaltic:20200304192055j:image

コメがうまい。

 

機内食

f:id:cobaltic:20200304192040j:image

うまい。

 

でも日本について食べた松屋のプレミアム牛めしの生卵お新香セットが世界一うまく感じた。

安いし美味い、やっぱり日本が最高ということを分からせてくれる松屋。本当にありがとう。

 

諸経費 

 交通費(シェア電動スクーター)10.8€

お土産 121.8€

飲食費 8.95€

フィンランドバックパック旅 Day5

昨夜はそうそうに眠りこけたせいか、朝5時頃に目が覚める。

 

ちょうど太陽が昇り始めた時間帯で、車窓から白く染まった荒涼とした大地と、青い広い空の対比を眺める。

対比と言っても単純なものでなくて、白い大地と青い空の境界は太陽の橙色で滑らかに接続されており、空の青も色彩が豊かで目線を上にやると群青色に深く沈み込んでいくようなグラデーションがある。

f:id:cobaltic:20200302105034j:image

 

これら全てが時間と共に変化して行く様子をひたすら眺めてぼーっとしてた。

 

こういう時間が好きだし、旅とか人生に置いて大事な時間だと心の中のスナフキンが言っている。

 

昨夜シャワーを浴び損ねたので、行ったが温水の出し方がわからず、冷水で髪を洗うこととなった。

友達曰く待っていればシャワーボタンを押し続けてお湯は出たらしいので、利用する方は御注意を。

 

日本にいる友達からフィンランドにいるならフィンランド出身の作曲家シベリウスのクラシックを聞けとメッセージをもらったので、フィンランディアなる曲をBGMにしながらまた車窓から景色を眺める。


Jean Sibelius - Finlandia

 

暇だったのでこの情緒がどうやったら伝わるのか考えてたけど、やはり体験してもらうのが一番だという結論に達しました。旅が終わりに差し掛かっているのも大きいだろうし。

 

南下して行くに連れて、大地の白塗りが剥げてきて灰色と建物の色彩が現れてくる。

f:id:cobaltic:20200302105210j:image

 

途中から車内散策へ。

30両編成で、寝台以外にも普通に座席や食堂もあった。

f:id:cobaltic:20200301054223j:image

ペットOKな部屋もあるようで、途中ですれ違ったワンコと戯れた。

 

そんなこんなしてるうちにヘルシンキ中央駅に到着。
f:id:cobaltic:20200301054216j:image

オシャレ〜

 

ヘルシンキ中央駅の外観。
f:id:cobaltic:20200301054303j:image

オシャレ〜

 

ヘルシンキの街並みはとにかくオシャレ。

一箇所だけとかじゃなくて全部そうなので、街角を曲がる度にシャッターを切りたくなってしまう。
f:id:cobaltic:20200301054141j:image

 

ちょこちょこっと街並みを抜けて
f:id:cobaltic:20200301054125j:image

 

ヘルシンキ大聖堂へ。
f:id:cobaltic:20200301054145j:image

遠近感が狂う大きさ。

この街並みの中で生活したい。
f:id:cobaltic:20200301054231j:image

 

街歩きで便利なのがシェア電動スクーター。

f:id:cobaltic:20200301054338j:image

VoiとTierの二種類がありアプリを入れれば誰でも使えるお手軽さ。時速は15kmほど。

 

基本使用料1€+使用時間に応じて1分毎に0.25€
f:id:cobaltic:20200301054239p:image

 

電動スクーターに乗ってフェリー乗り場に行き
f:id:cobaltic:20200301054310j:image

エストニア🇪🇪の首都タリンへ向かいます。

 

船で2時間ほどの旅。船内の写真は撮り忘れましたが、カフェもスーパーもあり快適。

 

タリンに着くとすぐに城が見える。市内の一部が旧市街の面影を残していて「タリン歴史地区」として世界遺産に登録されている。

f:id:cobaltic:20200301054307j:image

 

街並みはヘルシンキとはまた違う良さ。
f:id:cobaltic:20200301054137j:image

 

展望台からの景色。
f:id:cobaltic:20200301234219j:image

タリンの旧市街はコンパクトなので、3、4時間程度で歩いて堪能できました。

 

歩き回って疲れたので休憩パスタ。
f:id:cobaltic:20200301054252j:image

 

再びフェリーに乗ってヘルシンキ戻る。

ちなみに出国手続きなどは必要なく楽だけれどパスポートスタンプラリーが出来ないのが残念。

 

港からUberを使って本日のお宿へ。
f:id:cobaltic:20200301054203j:image

Uberもシェア電動スクーターも便利なので日本でも普及して欲しい。


f:id:cobaltic:20200301054235j:image

明日で帰国なので今日は遅くまで起きていようぜ!って話をしていたが、シャワーから出たら既に寝ていた。

日本のコロナがどんどんやばくなっていそうで、いっそのこと帰国便を欠航して欲しいなんて思いつつ就寝。

 

諸経費

電動スクーター利用料 8.6€

夜ご飯 7.2€

お土産 5€

フィンランドバックパック旅 Day4

チェックアウト前に町の散策に出かけて見つけたのが、マクドナルド。

安心できますね。

f:id:cobaltic:20200229000622j:image

 

メニューも日本とは結構違う?
f:id:cobaltic:20200229000555j:image

ちなみに経済指標としてビッグマック指数「ビッグマック指数」とは?マクドナルドで分かる経済指標をわかりやすく解説 | MONEY TIMESってのがあるぐらいなので、旅行したときにあえてマクドナルドに行くのも一興かもしれません。

 

ここのマクドナルドは2013年まで世界最北端のマクドナルドだったらしいです。注文するときにポストカードくださいっていうと
f:id:cobaltic:20200229000625j:image

イカすやつが無料で貰えます。

注文したのはマックフルーリー2.75€。

 

ホテルをチェックアウトして、バスでサンタクロース村へ。

f:id:cobaltic:20200229143738j:image

 

冗談みたいなサイズの雪だるま⛄️
f:id:cobaltic:20200229000612j:image

ここではサンタクロースとお話することができて記念撮影もしてくれます。有料で。

価格は写真一枚を現像したものだけだと32€。写真3枚と会話中の動画のデータが45€。あとから選択する形式です。サンタクロースドリームもタダじゃない。

コロナのせいか握手は禁止されてました。

サンタさんは流石のコミュ力の鬼なんですが、こちらの英語力がなかったために、上手く会話できないのがもどかしかったです。

 

他にもお土産もたくさん買う場所があるので

f:id:cobaltic:20200229145758j:image

お土産買ったり

 

ハスキー犬と触れ合えたりします。
f:id:cobaltic:20200229000559j:image

 

犬ぞりも体験できる。

f:id:cobaltic:20200229144701j:image

 

さらにサンタクロース村内に郵便局があり
f:id:cobaltic:20200229000606j:image

 

こういう紙に必要事項を記入すると
f:id:cobaltic:20200229000552j:image

クリスマスにサンタクロースから手紙が届くらしいです。

ちなみにこれは8.9€。

 

サンタクロース村から各都市への距離があったけど
f:id:cobaltic:20200229000619j:image

TOKIO だったのは現地語なのかミスなのか…

遠くまで来たもんです。

 

暇だったのでまたマクドナルド。
f:id:cobaltic:20200229000631j:image

ポテト揚った音(テレレ テレレみたいなやつ)は聞こえなかったので、あれは日本特有の文化なんでしょうか。

 

駅までお散歩

f:id:cobaltic:20200229021953j:image

フィンランドの空は広い。

 

マップ見て川があったので見に行ってみたら
f:id:cobaltic:20200229021950j:image

全面凍り付いてました。

 

駅に着くと、ちょうど今日乗る予定の寝台列車サンタクロースエクスプレスがお目見え。
f:id:cobaltic:20200229021957j:image

 

夜ご飯は駅構内のレストランでずっと飲みたいと思ってたのに飲めてなかったサーモンスープ。

f:id:cobaltic:20200229144926j:image

 

腹ごしらえを済ませてサンタクロースエクスプレスに乗船です。
f:id:cobaltic:20200229144854j:image

 

廊下はギリギリ人がすれ違えるぐらいの広さ。
f:id:cobaltic:20200229144903j:image

 

部屋の中はこんな感じ。
f:id:cobaltic:20200229144849j:image

メンツは3人だけど、寝台列車は二段ベットなので1人部屋使用料金を追加して隣り合わせの二部屋を使用です。

チケットの見回りに来た車掌さんが真ん中のドアを開けてくれ4人部屋に。
f:id:cobaltic:20200229144917j:image

12時間の寝台列車の旅でいざヘルシンキへ。

 

諸経費

夜ご飯 21.4€

その他飲食費 12.09€

サンタ記念写真 15€(一人当たり)

サンタクロース村バス往復 6.6

ハスキーサファリ入場料 10

手紙 8.9

お土産 20.4

フィンランドバックパック旅 Day3

7時30分ぐらいに起きて、昨日と同じくバイキングで朝ごはん食べて街中のお土産屋へ。

f:id:cobaltic:20200227190926j:image

これで36€。スキレットは自分へのお土産です。

 

2泊お世話になったホテルともお別れ。

ロビーがオシャレ。将来家にこんな感じのスペース欲しい。

f:id:cobaltic:20200228084700j:image

 

バスで3.5時間ほど揺られて、サーリセルカからロバニエミへ。ロバニエミは栄えている街という感じ。

露天商店大好き。
f:id:cobaltic:20200228034706j:image

 

めちゃでかいクリスマスツリー。
f:id:cobaltic:20200228034720j:image

 

そして本日のお宿、Sacndic Polor 
f:id:cobaltic:20200228034756j:image

ロビーめっちゃセンスいいし

f:id:cobaltic:20200228090206j:image

 

階段も螺旋構造。

f:id:cobaltic:20200228034700j:image

 

そしてお部屋はこんな感じ。

ツアーを申し込むときにも言われたんですけど、北欧は3人部屋があまりないらしく今日もソファベッドで無理くり3人部屋にしている感じ。

f:id:cobaltic:20200228034737j:image

 

町歩きへ。
f:id:cobaltic:20200228034745j:image

 

氷の彫刻🧊
f:id:cobaltic:20200228034728j:image

 

フィンランドでも猫は癒しらしく、猫カフェ
f:id:cobaltic:20200228034741j:image

 

そして本日の夜ご飯。
f:id:cobaltic:20200228034703j:image

 

奮発して良いお店へ。
f:id:cobaltic:20200228034713j:image

 

サラダと

f:id:cobaltic:20200228081519j:image

 

トナカイ肉のステーキと
f:id:cobaltic:20200228081515j:image

 

サーモングリルと

f:id:cobaltic:20200228083739j:image

 

サーモンパスタ

f:id:cobaltic:20200228184127j:image

 

それぞれにオススメのお酒をつけて3人でシェア。

合計112.4€で一人当たり、37.5€(4000円ちょい?)

届くまでに時間がかかって、急いで食べる必要があったことだけが悔やまれる。

 

そして今宵もオーロラ目指してツアーへ。

集合場所のホテルのロビー。
f:id:cobaltic:20200228034657j:image

ロビー見てるだけで楽しめる。

 

オーロラツアーという名目だったけれど、この日は雲も厚く観察スポットも色々あったので、そっちをメインで楽しみました。

1日目、2日目、オーロラ見えてなくてこの日に賭けるって感じだとキツい場所な気がする。

 

それはさておき、SnowDome見学へ。

近くの湖から水を汲み上げてSnowDome作っているらしい。

f:id:cobaltic:20200228083541j:image

 

地元の人だけでなくアート系の人も関わっているらしく、氷の彫刻が至る所にあしらってある。

f:id:cobaltic:20200228230353j:image

 

中にバーがあったり
f:id:cobaltic:20200228083528j:image

グラスも氷なので、飲み終わってその辺に投げて割ってるのが超クール。

 

教会とか 実際に結婚式を挙げることも可能らしい
f:id:cobaltic:20200228083531j:image

 

エイリアン🤔
f:id:cobaltic:20200228083535j:image

 

凄いのがここで泊まることもできるらしく、各部屋も凝っている。

f:id:cobaltic:20200228230237j:image

手前にあるのが氷のベッド。

トナカイの毛皮が布団がわりにあるけど、本当に寝られるのだろうか。

 

他にもこんな感じの部屋とか

f:id:cobaltic:20200228230427j:image

合計で30近く部屋があるらしく、ここでは極一部を紹介しました。

どの部屋も凄かったので後は自分の目で見ていただきたいです。

 

毎シーズン溶けては作ってを繰り返しているらしいけど、建築法とかないのかなという野暮なことを思ったりもしてしまった。

 

他にも近くのレストランで

f:id:cobaltic:20200228230818j:image


暖炉でウィンナーを焼いたり

f:id:cobaltic:20200228083525j:image

 

オーロラは一瞬も見れなかったけど、楽しかったので良し!ということで明日以降はさらに南下するのでオーロラチャンスはこれまで。

 

宿に戻って肌着類の洗濯。
f:id:cobaltic:20200228083522j:image

実はこういう限界感あることやってる時こそ、旅してるって感じられて好きだったりする。

 

諸経費

お土産 36€

豪華な夜ご飯 37.5€

フィンランドバックパック旅 Day2

時差ボケで寝すぎるかと思いきや6:30起床。

 

洒落乙なバイキングで朝ごはん。

f:id:cobaltic:20200226162313j:image

 

絶望的に盛り付けセンスがないし、サーモンスープと思ってとったのはおかゆだった。
f:id:cobaltic:20200226154538j:image

 

テーブルからはホテルのプールも見えた。ナイトプールっぽい。
f:id:cobaltic:20200226154533j:image

 

朝9時の時点外気温ー18℃。北欧の寒さ半端ないっすね。

f:id:cobaltic:20200226162317j:image

 

そんな寒い中、夜のオーロラタイムまで暇なので近くのサーリセルカスキー場に来ました。

f:id:cobaltic:20200226222659j:image

 

レンタル一式とリフト代1日分で86€でした。

でもレンタル全部burtonだし、ビンディングもその場でセッティング。素晴らしい。

受付のお姉さんの腕に

愛情

力量

信念

って刺青してあったのがツボ。

 

早めの時間に行ったので太陽も良い場所にあり

f:id:cobaltic:20200226222702j:image

 

山頂からは360度見渡す限り白銀の世界。遮蔽物が何もなくて本当に感動した。

f:id:cobaltic:20200226222532j:image

 

山頂にあった謎の賽の河原。

f:id:cobaltic:20200226222837j:image

 

リフトじゃなくて謎の棒に捕まって牽引してもらうシステムがあったんですが、慣れてなさすぎて棒に捕まってコケて引きずられるを繰り返して心が折れました。
f:id:cobaltic:20200226222840j:image

 

昼ごはん
f:id:cobaltic:20200226222844j:image

1人4€。

 

午後からはスノボからソリに切り替え。

ソリといっても、日本のスキー場の20mぐらいだけ滑るコースではなく、全長2kmものコースを滑ることができる。

f:id:cobaltic:20200226223123j:image

 

一生分ソリした🛷

5回ぐらいやったので、この日にソリだけで10kmぐらい滑走したということになりますね。

 

ソリは最初足で減速しようとしてたけど、そうすると雪が全て顔面にかかってくるので死にます。

足はソリの中に収めたうえで、後ろの方で手をつくと、ついた手中心に回転しようとするので方向を制御できるようになります。

コツとしては地面を手のひらで叩く感じで調整するとスピードを出しつつ、方向も上手い感じにできるようになりました。肘もついて左右の強弱で調整するとスピードと方向も完全にコントロール可能になる。

f:id:cobaltic:20200227074031j:image

ただ地形的に凸凹してると、どうしてもソリから投げ出されるので太刀打ちできない。

目指せ東京オリンピックとかほざいてたけど、地元民っぽいキッズ達が上手すぎて諦めました。

 

 

寒さからくる疲労で、宿に戻ってから爆睡こいてからオーロラハントツアーへ。

昨日と違ってちゃんとしたツアーを事前に申し込んであり、バスで見やすいスポットまで移動してくれました。

 

宿を出た時は雪が降ってて今日はダメかと思いきや、良い感じの場所まで連れて行ってもらえて肉眼でもうっすら見えるぐらいにオーロラが見えて大満足。

f:id:cobaltic:20200227074141j:image

オーロラだけじゃなくて、北斗七星も全部肉眼で見ることができます。

 

Gopro7での撮影で設定はこんな感じ。

f:id:cobaltic:20200227074234p:image

 

明日もオーロラハントツアーに申し込んであるので、期待です。

 

諸経費

スノボセット+リフト券 86€

食費 13.5€

 

オーロラハントツアーは事前に支払済で大体1万円ぐらいで支払済。現地で1日1万円ぐらいはかかる計算してたのに昨日は全然お金使ってないし今日も派手にアクティビティ入れて13000円ぐらい?

思ったより安く済みそうなのでお土産やら食費に回せそうです。

フィンランドバックパック旅 Day1

今回は7日間の旅で大まかなルートは

成田→ヘルシンキ→イヴァロ→サーリセルカ→ロヴァニエミ→ヘルシンキ→成田

という感じです。

ヘルシンキから飛行機で大きく北上してオーロラ鑑賞チャンスの後に南下して再びヘルシンキ、そして帰国というドキドキの旅。

オーロラはもう運次第なので祈るしかないのです。

 

そもそもフィンランドまでは約11時間のフライトです✈️何をしたらいいんだ。

f:id:cobaltic:20200226034343j:image

 

何はともあれ、バックパックに全てを詰めこんでいざフィンランドへ🇫🇮

f:id:cobaltic:20200226034346j:image

 

日本最後の食事はマック。飛行機を見ながら食べるハッシュドポテトはうまい。

f:id:cobaltic:20200226033723j:image

 

翼根部に座れたし、流石に長距離飛行ということで、座席に画面ついてるタイプのやつでした。

f:id:cobaltic:20200226033717j:image

しかも、そこから飛行機外部も観れるという。


f:id:cobaltic:20200226033708j:image

格安航空を愛用しているので機内食が出るだけでテンションが凄く上がる。

 

飛行機ではオデッセイ見たり寝たり。

今回の旅行のメンツで映画館にオデッセイを見に行ったので、感慨深い。

 

そんなこんなでヘルシンキ空港に到着。

f:id:cobaltic:20200226045512j:image

 

トランジットの時間が1.5時間で中途半端かなぁと思いきや、手荷物検査でバッテリー出し忘れたりして引っかかりかなりギリギリに。Final callかかってる中滑り込み。

荷物は全部機内持ち込みだったのにこれだから、預けてたりしてたら普通に間に合わないんじゃなかろうか。

空港勤務の人たちもみんな俳優か?って感じで北欧の人はカッコいいわぁって思いつつ、ヘルシンキからフィンランド北部のイヴァロへ。

f:id:cobaltic:20200226033731j:image



f:id:cobaltic:20200226033704j:image

ひたすら湖が見える。土地をめちゃめちゃ持て余してんなぁ〜って思ってたら


f:id:cobaltic:20200226033734j:image

湖も凍ってきた。外ピンク色になっているし。

1時間40分のフライトなので、あっという間。

 

空港についてからはバスで移動。

本日のお宿、ホリデイクラブサーリセルカ着。

 

夜ご飯は近くのハンバーガー屋さんっぽいところへ。
f:id:cobaltic:20200226034114j:image

 

メニューが何もわからない。Google翻訳のカメラ翻訳機能に頑張ってもらうしかない。
f:id:cobaltic:20200226034101j:image

 

トナカイバーガー的なやつとかを注文。

f:id:cobaltic:20200226044416j:image

 

3人で色々シェアして6900円。

北欧は飯がまずいと聞いていたけど、めちゃうまだしボリュームも結構あって大満足。

そもそも機内食も合わせて4食めだけれども。

食事は日本の倍ぐらいかかるイメージ。

 

テレビを適当につけたら、e-sports のやつやってた。

f:id:cobaltic:20200226044420j:image

 

オーロラを見に町外れの方へ。寒さを舐めてました。−15度とかだったらしい。

 

全然オーロラの見方わかってなかったけど、たまたま近くにいた日本人観光客にいろいろおしえてもらえました。

それでも結構難しくて辛うじて撮れたのがこれ。

f:id:cobaltic:20200226082222j:image

オーロラについて教えてくれた人は明日で帰るらしく、防寒具やら食料やら色々恵んで頂けました。

一期一会の旅してる感じがたまらん。

 

長い1日(31時間)が終わる。

 

諸経費

交通費:イヴァロ→サーリセルカのバス 10€(1€=130円ぐらい)

食費:夜ご飯一食 2300円